携帯アクセス解析

メニューへ

武具庫(製作品/試作品一覧)

炎の剣OVA版アレンジ

作品名:B〇STARD!!
キャラクター名:ダーク・シュ〇イダー

今回のモデルは作中初期に登場した武骨な両刃剣から魔力が溢れるイメージを目指しました。


はじめは原作コミックスのデザインに近い仕様を想定していたのですが、 配色を調べている最中にご依頼主様と相談し、OVA版をベースにご依頼主様のお好みをミックスした仕様での製作が決まりました。

・武骨さを強調する為にツバは大きめに
・両手持ちしやすい長めのグリップ部分、全体的にボリュームのあるフォルム
・グリップは革巻きではなくOVAデザイン基準で輪切りしたような形状
・刀身の色は切っ先へ向かって若干明るくなるグラデーション塗装で燃え盛るイメージを目指しました
・宝玉周辺の模様/刀身プレートの文字は太くクッキリと表現
・宝玉周辺の模様は梵字のようなイメージで
・刀身プレートの文字は魔法文字のようなイメージで
・宝玉は“イフリートの瞳”をイメージして縦長の楕円でかなり暗い色にし、暗い部分の周辺は赤、中央から外側に向かってオレンジとイエローで大量にラインを引きました
・布袋は作中の世界観を考慮しある程度使い古されたような汚れや擦り傷があるようなイメージを想定
・使用感による汚れはグリップからツバに向かって控え目に入れてあります

~HN:佐藤様からいただいたコメント~

『おかげさまで自分も魔剣を持つことができました。
質感も色も重厚感があって大変満足しております。
この本物感はさすがです。自分にとっては本物の魔剣です。
振り回しては良くないのは十分承知していますが、
周りに注意しながら夢中で遊んでいる自分がいました。 大人になってよかったです。
この度はありがとうございました。 少しこの魔剣を堪能したらまた相談させてください。
個人的にはダイの剣鞘稼働バージョンを持ってみたいですが、 この出来を見るとガリアンソードもできるのではなどと考えて しまいます。
またよろしくお願い申し上げます。』

ご依頼をおただいた際に本棚からコミックスを引っ張り出して細部の確認をしたのですが、ついつい読みふけってしまいました!
今回の製作でもっとも苦労したのは配色です。 炎の剣ですので赤いイメージでの塗装を想定していたのですが、なかなか配色の参考になる資料が見つけられず悩んでいました。 かなりの時間、資料探しをした末にOVA版の存在を知り、そのデザインと配色をベースにご依頼主様と私で何度も打ち合わせをおこない、 お互いの意見や好みをすり合わせて仕様が決まりました。
また、宝玉周辺の模様と刀身プレートの文字の配色は最後の最後まで暗くするか明るくするか悩みました。
最終的には刀身を発熱したイメージでグラデーションにしたので、それに合わせて明るく発光しているイメージで明るくしました。 週間連載が開始された当時を思い出してワクワクしながら製作させていただけて非常に楽しかったです。 この度はご依頼ありがとうございました!

次のご依頼をお待ちしております。 武器工房G

全長 120cm 34cm
厚み 6,5cm 重量 1,500g

サイズ・重量は全て約

ページトップへ>>

納品後の武具の修理に関して、一回目の修理作業手間のみ原則無料で対応させて頂きますが、往復の送料&修理にかかった材料費や外注費は全額請求させて頂きます。
二回目以降は当店の修理手間も請求させて頂きます。
※修理が出来ない程に酷い破損状態の場合はお断りさせて頂きます。
※当店で購入されたご本人以外の補修依頼はお断りさせて頂きます。
※納品時と大幅に異なる状態(経年劣化ではなく改造やリペイント等)の補修はお断りさせて頂きます。